Death

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

有栖川貴姫

Author:有栖川貴姫

QRコード
QR
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ツイッター小説ログ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

小説ログ 12
臨→静
片思いすれ違い
本文は追記から






















今日の分の仕事も大体片付き、背伸びをしながら窓の外を見ると雨が降っていた。
オレは眉を寄せてブラインドを下ろし、外の景色を遮った。


雨の日は嫌いだ。
雨の日は嫌なことばかり思い出す。
例えば、高校時代関係が拗れてしまったこととか。
例えば、それが原因で想いも伝えれないまま卒業したこととか。


嗚呼、改めてオレはシズちゃんが好きなんだな、と自覚をする。


(だけどもう無理だよな、想いを伝えるだなんて)


オレは椅子の上で踞った。
会えば必ず、鬼ごっこと言う名のおいかけっこや、喧嘩と言う名の殺し合いをしている。それでもシズちゃんがオレに構ってくれてることは紛れもない事実。
それだけで十分だ。
十分だから、この想いは胸の奥に仕舞えばいい。



「――好きだよ、シズちゃん」


オレ以外誰もいない部屋。
そんなオレの呟きは空へと消えていった。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。